妄執の果て - ショッピング・ショップ | 通販検索

ショッピング・ショップ | 通販検索Yahooショップを検索

妄執の果て

妄執の果ての商品画像
この商品は「Yahooショップ」でご購入いただけます。詳しくは下のボタンよりショップサイトへどうぞ。
actacton

妄執の果ての紹介画像1

商品の詳細情報

【タイトル】
妄執の果て
【作者名】
五島 夏樹
【あらすじ】
初秋の夜。山口達也はあるホテルの宴会場で、しなやかな身体に黒いドレスをまとった女、霧子を見て、達也は胸騒ぎにも似た心の揺れを感じる。大勢の中にいながら、なぜか独り仄暗い陰に佇んでいる、そんな孤独感を漂わす艶麗な女だった。妻と息子が泊りがけで義父母の家へ出掛けたとき、達也は再びその女に会い、女の誘うままに一夜の情事に酔いしれる。翌朝、執拗に引き留める女を強引に振り切って帰りかけると、女は浴室で首を吊ろうとする。幸い命は助かったがその常軌を逸した行動に達也は困惑する。数日後、女はさらに妊娠していると告げる。妻のある彼は堕ろすよう説得するが女は拒み激しい口論となる。女の異常な偏執ぶりに危機感を抱いた達也は市内のいまの家を出て金沢区の八景島に望む妻の実家のそばに引っ越す。 数日後、外出から戻った妻が玄関に置かれた箱を開けると、息子の可愛がっていた子犬の無残に切り取られた首が出てきた。
【作者からの一言】
深い悲しみと失望が怒りを生み、怒りが妬みを、妬みが恨みを、そして恨みが再び深い悲しみを生む。それらがすべて循環の完結するまで尽きることはない。
(デヴィッド・ヒューム)
この作品は、ひとりの癒しがたい孤独を抱えた女、霧子の、“愛”というよりも“妄執というべき情念”の行方を描いた物語です。一夜を共にした男へのあくなき執着と嫉妬から、女は男をどこまでも追い続け、そして最期に哀れな(もしそういう表現が許されるなら)死を遂げます。女の心に生まれた執心、憤怒、憎悪、恐怖、戦慄、そして苦悩が、混沌とした狂気のうちに彼女を荒々しく駆り立て、そして死へと追いやっていくのです。
【ページ数】
49ページ
【保存形式】
PDF
【立ち読みはこちらから】
actacton
この商品は「Yahooショップ」でご購入いただけます。詳しくは上のボタンよりショップサイトへどうぞ。
価格 : 540 円 (税込)
妄執の果て - ショッピング・ショップ | 通販検索のページ先頭へ